家庭用脱毛器

おすすめ売れ筋家庭用脱毛器の価格・効果・性能・選び方


家庭用脱毛器って効果あるんですか?
というか、クリニックで脱毛しちゃえばいりませんよね?
はい、結論を言うと、しっかり効果はあります。
そしてクリニックで全身脱毛しても、部分的なケア用に家庭用脱毛器を使う人は多いんですよ。

オススメの価格帯は5万円~7万円代がちょうど良いです。
それ以下の安い商品だと期待した効果は得られず、高すぎると値段の割には効果に満足できない、などがあります。

今すぐおすすめ脱毛器を見てみる👇

クリニックで契約した回数を終えても、まだ気になる箇所が残っていることが良くあります。
部分脱毛を契約すると、1部位・5回コースで数万円はかかります。

例えばフレイアクリニックの「Iライン 5回コース」は4万円です。

フレイアクリニックの部位別料金表はコチラ👉

さらに複数個所を契約すると10万円超えも…
もったいないですよね💸

もし5~7万円程度の良い脱毛器を一つ持っておけば、出費を抑えて脱毛ができちゃいます。
さらに今なら10万円給付金を活用すれば、楽に購入できますね。
この機会を逃すと脱毛器購入費の確保が難しくなります。

そしてもしあなたが、女性スタッフといえどもVIOを見られる事に強い抵抗がある場合、
 クリニックでVIO無しの全身脱毛
 家庭用脱毛器でVIO脱毛
なら、恥ずかしさは無いし、出費も抑えられるからオススメです!

・・・
少し家庭用脱毛器を調べてみたんですが…種類が多すぎて選べません😢
では選び方や性能、売れている商品などを説明していくわね。

いま売れ筋オススメ脱毛器は?価格・効果・性能をチェック

高ければ良い商品、ってことでいいですか?
いいえ、そうでもありません。
自分が求めている性能によって、満足感が違います。
おすすめ商品を見る前に、家庭用脱毛器の見るべきポイントを押さえておきましょう。

家庭用脱毛器を選ぶチェックポイント7つ

脱毛効果

毛が無くならない事には話になりません。
安い商品がアマゾンで販売されていますが、レビューを確認すると「効果を感じない」など不満が多くなりがちです。
しっかり脱毛できる商品であるかは、まず最低限押さえておくポイントです。

価格

安すぎても高すぎてもダメ、ちょうど良い価格帯が5万~7万円代です。
これ以上高いのは、自分が欲しい特別な機能があれば買いですが、7万円代で十分効果ありますのでよくご検討ください。

機能

商品によっては、美顔器機能が付いていることがあります。
また、カートリッジタイプか本体取り換えか、自動照射レベル調整、連射機能、VIOへの照射OK(多くはI・OラインはNG)、冷却装置付き、○○防止センサー付き、…など、商品の特長的な機能が色々あります。
でもあなたには必要ない機能もあります。
欲しい機能があるか無いかをしっかりチェックしてください。

処理スピード

家庭用脱毛器は業務用と比べて、照射スピードはかなり遅いです。
家庭用電源では業務用のような素早い照射は難しいです。
その中でも少しでも処理スピード(照射面積と照射間隔のバランス)が早いと、日々忙しい中でのムダ毛ケアには見逃せないポイントとなります。
遅すぎる処理スピードでは、寒い季節にはツライ時間となります…。

使いやすさ

わかりやすい機械操作なら、ストレスなく使用できます。
また照射口の動かしやすさは、手の疲れや処理残しに影響を与えます。
同じ値段なら使いやすい商品が有利です。

安全性

肌にちゃんと当たっていないときにピカっとすると、肌や目を傷める危険も…。
ちゃんとした安全装置があると、安心して使えます。
また、肌色を読み取り自動的に照射レベルを調整する機能があれば、間違った設定で肌を痛める心配が無く助かります。

売れているか?

売れている商品なのかを知るには、アマゾンや楽天など、大手通販サイトのレビュー件数を確認してください。
この時「評価点」ではなく「件数」に一番注目してください。
買わなければ投稿できませんから、売れているほど件数が多いです。
売れている商品というのは、ある程度信頼できる商品であると判断できます。
商品選びで迷ったらトレンドに乗る(売れている商品を買う)と良いでしょう。

評価点は、極端に悪くなければ(5点中3点以上あればOK)あまり気にしないでください。
売れている商品はほぼ4点以上と評価点は高めですし、売れていない商品ほど評価点が低く、レビュー件数も少ないです。

チェックポイントは分かりました。
でも多くの商品からこれらをチェックするのは面倒です…
よくわかります。
多くの商品の中から、特にオススメを選んでみたのが次よ!

特におすすめの売れ筋人気商品4選

先ほどのチェックポイントを満たし、売れている商品は(レビュー件数が多い)以下のようになります。
迷ったらまずコチラを選ぶと失敗しないでしょう。

商品オススメポイント
ケノン
ケノン
69,800円(税込)

レビュー数
143,000件以上
今一番売れている商品で、他社も脱帽の最大300万発の発光器がすごい。
カートリッジの種類は豊富で、照射力・照射面積・美顔用など用途別に選べます。
脱毛ラボホームエディション
脱毛ラボホームエディション
71,478円(税込)
レビュー数
6,100件以上
人気脱毛サロン「脱毛ラボ」が作った脱毛器。
サロン品質の高い脱毛効果が人気。
トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X
トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X
40,530円(税込)
レビュー数
3,100件以上
国内唯一の家庭用レーザー脱毛器で、ほか商品と比べ脱毛効果はダントツの高さ!
早くツルスベを目指せますが、刺激強めなのが気になる点。
ブラウン シルクエキスパートPro5
ブラウン シルクエキスパートPro5
64,000円~(税込)※1
レビュー数
2,000件以上 ※2
世界的メーカー「P&G」の商品で信頼度が高い。
肌色センサーによる自動照射レベル調整機能と、最大0.5秒の早い連続照射が人気。

※1
ブラウンは価格変動あり
※2
記載のブラウンは新モデルのためレビューはまだ無し、ほかシリーズで2,000件以上

この4機種にはない、こだわりの機能を備えた商品もあるので、ほかの商品も含めた詳細な特徴は下の比較表でご確認下さい👇

目次に戻る

照射1回あたりの価格が安い商品5選

本体価格を最大照射回数で割ると、照射1回(1ショット)あたりの価格が算出できます。

そして、照射面積にもよりますが、全身に照射する回数はおよそ500発。

以下の表では、全身脱毛1回あたりの価格で比べてみました。

商品1ショット単価
ケノン
ケノン
69,800円(税込)
1ショット
 0.023円
全身(500ショット)
 11.6円
2PSクリスタル
2PSクリスタル
71,093円(税込)
1ショット
 0.071円
全身(500ショット)
 35.5円
ブラウン シルクエキスパートPro5
ブラウン シルクエキスパートPro5
64,000円~(税込)
1ショット
 0.16円
全身(500ショット)
 80.0円
レイボーテ Rフラッシュ ハイパー
レイボーテ Rフラッシュ ハイパー
97,900円(税込)
1ショット
 0.163円
全身(500ショット)
 81.6円
レイボーテ グランデ
レイボーテ グランデ
118,800円(税込)
1ショット
 0.198円
全身(500ショット)
 99.0円

最大照射回数など詳しい性能比較は下の詳細比較表👇でご確認ください。

目次に戻る

VIOへ照射OKの商品2選

どの商品でもVIOは可能ですか?
いいえ、Vラインは可能ですが、I・OラインはNGという商品が多いです。
VIOすべて照射可能としているのは以下の商品になります。
商品オススメポイント
2PSクリスタル
2PSクリスタル
71,093円(税込)
1ショットを4分割した肌にやさしい4連射で、VIO照射も安心。
専用カートリッジで美顔器にもなります。
ラヴィ
ラヴィ
54,780円(税込)
業界最高クラスの光パワーと肌にやさしい連射モードを搭載。
デリケート肌にも安心の日本製。

ココで挙げた商品以外は、自己責任にてI・Oラインへの照射は一応可能ですが、十分ご注意ください。

<注意>
粘膜への照射は、全ての商品でNGです。
しっかり説明書をお読みになり、使い方を把握してから使用してください。

目次に戻る

家庭用脱毛器のメリット・デメリットは?

家庭用脱毛器の大きな特徴は、気が向いたときにすぐ自分でできることです。
そうですよね。
そのほか私が使うメリットは何がありますか?
メリット

  • 気が付いたときすぐ処理できる(クリニックだと面倒な予約が必要)
  • 脱毛クリニック(または脱毛サロン)に比べ安い
  • (デリケートゾーンなど)人に見られないから恥ずかしくない
  • 部分的なケアだけなら、新たにクリニックに通い直すより出費を抑えられる
  • 家族や友人と使い回せば、さらに出費を抑えられる

VIOは家庭用脱毛器で処理して、ほかはクリニックで全身脱毛する人もいるわよ。

フレイアクリニックの料金を例にすると、
①「全身VIOなし・顔なし 5回コース」の料金は158,000円
②「全身+VIO 5回コース」の料金は243,000円

この差額は85,000円

これなら7万円の良い家庭用脱毛器を買ってもおつりが来ます。
安く済ませることができるし、VIOだけではなく、処理残し部位もケアできます。

処理残しがあっても、その部分のためにまた通うのは面倒ですもんね。
最近の家庭用脱毛器は性能がグンと良くなっているから、部分的なケアに十分使えますよ。

デリケートゾーンを整えたいけど、クリニックでの処理をためらう理由の一つに「刺激に敏感だから濡れちゃいそうで恥ずかしい」という声もよく聞きます。
でも家庭用脱毛器ならそういう心配はありません。

デメリット

  • 背中など自分の手が届かない部位には照射できない
  • 当て残しが出やすく、まだらに毛が生えてくる
  • 次の照射までのチャージ時間があり、処理時間が長い
  • 肌の色に合わせて自分で出力調整する必要がある(強すぎると痛みやヤケドを、弱すぎると効果が出ないから、出力調整が手間)

どうしても照射の充電時間が必要なので、処理時間が長くかかります。
寒い季節はちょっと辛いかもしれません。
私は当て残しでまだらに毛がはえてしまうのが気になります…

目次に戻る

家庭用脱毛器が向いている人・オススメできない人は?

下のチェックリストに2個以上チェックが付けば、家庭用脱毛器の利用も検討してください。
向いている人







下の「オススメできない人」チェックリストに、2個以上チェックが付けば、家庭用脱毛器は満足できないかもしれません。
オススメできない人





私、これから全身脱毛を始めたいのですが、家庭用脱毛器はやめた方が良いですか?
時間がかかってもOKなら、選択肢に入るわよ。
全身を専門店で脱毛して、部分的なケア用で家庭用脱毛器を使うと、コストが抑えられるからおすすめよ。

脱毛サロンより効果が高いとはいえ、クリニックでの「永久脱毛」は、実は2度と毛がはえなくなるわけではありません。
永久脱毛とは以下のように定義されています。
最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下
(米国電気脱毛協会)

なのでクリニックで脱毛コースが完了しても、薄くはなっているはずですが、20%ぐらいの割合でまた生えてくるかもしれません。
お金と時間に余裕があれば再度通い直せますが、忙しいあなたは、家庭用脱毛器でケアする方が良いかもしれません。

目次に戻る

9商品の詳細な特徴比較(料金・特典/特長/性能)

価格は、高いほど脱毛効果があるわけではなく、付いている機能による差(商品ごとの差別化)が大きいですね。
また、よく売れている商品は値下げキャンペーンもよくやっていますので、高品質なのに低価格、ということも。
コチラの比較表で、価格以外も良くチェックしましょう!

料金や特典の比較はコチラ

特長・照射単価・VIOの対応比較はコチラ

性能(仕様)比較はコチラ

料金やお買い得特典比較

私、どうせ買うなら少しでもお得に買いたいです!
はい、コチラの表で送料や特典、返金対応をまとめました。

おすすめ家庭用脱毛器の料金比較

スクロールできます→

商品名ケノン脱毛ラボホームエディショントリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xレイボーテ Rフラッシュ ハイパーレイボーテ グランデ2PSクリスタルラヴィブラウン シルクエキスパートPro5ルメア プレステージ
ケノン脱毛ラボホームエディショントリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xレイボーテ Rフラッシュ ハイパーレイボーテ グランデ2PSクリスタルラヴィブラウン シルクエキスパートPro5ルメアプレステージ
価格
※税込
69,800円
月々3,200円で購入も
71,478円
月々2979円で購入も
40,530円97,900円118,800円71,093円54,780円64,000円54,343円
送料無料702円(税込)無料無料無料935円(税込)~1050円~Amazonの出品ショップごとに無料or有料無料
無料
返品
××
30日間返金保証

90日間返金保証
×××
90日間返金保証
×
特典1定価98,000円
→28,200円OFFキャンペーン中
日替わり4点、12,480円相当の商品プレゼント、さらに最大1000ポイントもらえる公式サイトで購入すれば、選べるプレゼント1つもらえる現在開催無し現在開催無し現在開催無し「シークレットケアジェル」(4000円相当)プレゼント現在開催無し現在開催無し
特典2日替わりセット商品がもらえる
(例)カートリッジ2個+まゆ毛専用脱毛器
→レビューを書くとカートリッジもう1個もらえる
カード払い、AmazonPayで全員5000円OFF買い替えサポート!
もし規定回数を打ち終わって買い替えが必要になっても50%OFFで買える
特典3ケノン同時購入で、値引き価格でカートリッジやシェーバーを購入できる
特典4脱毛サロンから乗り換え、または指定の脱毛器を下取りで、カートリッジを1個もらえる

※急な変更もありますので、公式ページで最新情報を確認してください

目次に戻る

特長や照射単価、VIO対応比較

上の表で特典や送料をチェックしました。
魅力的な特典も気になりますが、特長も知りたいです。
はい、コチラの表で商品の特長、1照射あたりの単価、痛み、VIOの対応をまとめました。

おすすめ家庭用脱毛器の特長比較

スクロールできます→

商品名ケノン脱毛ラボホームエディショントリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xレイボーテ Rフラッシュ ハイパーレイボーテ グランデ2PSクリスタルラヴィブラウン シルクエキスパートPro5ルメア プレステージ
ケノン脱毛ラボホームエディショントリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xレイボーテ Rフラッシュ ハイパーレイボーテ グランデ2PSクリスタルラヴィブラウン シルクエキスパートPro5ルメアプレステージ
価格
※税込
69,800円
月々3,200円で購入も
71,478円
月々2979円で購入も
40,530円97,900円118,800円71,093円54,780円64,000円54,343円
特長日本国内だけで80万台以上、断トツの売れ筋商品全国60店舗の人気脱毛サロン「脱毛ラボ」が開発した納得の脱毛効果世界でシリーズ累計500万台の販売実績日本人のお肌に合わせて開発、安心の日本製日本人のお肌に合わせて開発、安心の日本製自動照射機能で肌の上を滑らすだけ業界最高クラスの光パワー光美容器日本売り上げNo1にも!
2019年7月~2019年10月累計販売金額
世界シェアNo.1にも!
※小売金額ベース、光美容器カテゴリーにおいて(2017年 フィリップス調べ)
安心の日本製、日本人の肌に合わせた設計連射モードなら最速全身15分で完了!
どのレベルで打っても美肌効果が得られる
家庭用では唯一のレーザー脱毛器で、ほかのフラッシュ方式とくらべ抜群の脱毛効果。「ローラーモード」で全身3分スピードケアも!チャージ時間最速0.5秒、連射機能付で全身スイスイVIOへの照射可能。さらに、やわらか4連射でVIO照射も安心デリケートな肌に使用する商品だから、安心の日本製。毎秒80回の肌色スキャンで、照射力を自動調整してくれるから便利で安心スマートスキンセンサーであなたに最適の照射レベルをお知らせ
カートリッジが6種類と豊富!照射範囲・出力・美顔など、自分に適したカートリッジが選べる冷却クーリング機能つきだから、別途保冷剤を用意しなくてOK充電式で操作性抜群!照射口が小さいため、口まわり、ほくろを避けるなど、狭い範囲の照射がしやすい。脱毛+美肌ケアが同時にできる!SOFTモード搭載だから敏感肌でも刺激を感じにくい美顔器としても大活躍美顔器としても大活躍フラッシュ間隔0.5秒のスピーディーな連続照射4種類のアタッチメントで、顔やビキニラインの照射をお助け
1照射単価
※1
0.023円0.238円81.06円
充電1回で計算
0.163円0.198円0.071円0.522円0.138円0.217円
全身照射の価格
※2
11.6円119.1円413.4円
※全身充電5回分で計算
81.6円99.0円35.5円260.9円69.2円108.7円
痛みは?Lv1~7:温かさを感じる程度
Lv8~10:多少刺激を感じる
どのLvでも温かさを感じる程度。
敏感な人は最高Lvだと多少刺激を感じる
Lv1:少し刺激を感じる
Lv2~4:多くの人が刺激を感じる
Lv5:痛いと感じる
どのLvでも温かさを感じる程度。
敏感な人は最高Lvだと多少刺激を感じる
どのLvでも温かさを感じる程度。
敏感な人は最高Lvだと多少刺激を感じる
どのLvでも温かさを感じる程度。
敏感な人は最高Lvだと多少刺激を感じる
どのLvでも温かさを感じる程度。
敏感な人は最高Lvだと多少刺激を感じる
どのLvでも温かさを感じる程度。
敏感な人は最高Lvだと多少刺激を感じる
どのLvでも温かさを感じる程度。
敏感な人は最高Lvだと多少刺激を感じる
Vライン
Iライン××××××
Oライン××××××
美肌効果
※1
照射Lv1の場合の1照射当たりの価格
本体の価格÷最大照射回数で算出
※2
全身約1回分の照射回数を約500発として(個人差があります)、
1照射単価×500発で算出

目次に戻る

性能(仕様)比較

上の表でだいたい特長はつかめました。
さらに照射回数とかカートリッジ取り換えできるのか、機能面をもっと確認したいです。
はい、コチラの表で具体的な性能をまとめました。
自分に必要な機能が備わっているか確認してね。

おすすめ家庭用脱毛器の性能比較

スクロールできます→

商品名ケノン脱毛ラボホームエディショントリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xレイボーテ Rフラッシュ ハイパーレイボーテ グランデ2PSクリスタルラヴィブラウン シルクエキスパートPro5ルメア プレステージ
ケノン脱毛ラボホームエディショントリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xレイボーテ Rフラッシュ ハイパーレイボーテ グランデ2PSクリスタルラヴィブラウン シルクエキスパートPro5ルメアプレステージ
価格
※税込
69,800円
月々3,200円で購入も
71,478円
月々2979円で購入も
40,530円97,900円118,800円71,093円54,780円64,000円54,343円
脱毛方式フラッシュフラッシュレーザーフラッシュフラッシュフラッシュフラッシュフラッシュフラッシュ
本体のタイプ据え置き型ハンディ型ハンディ型(充電式)ハンディ型据え置き型据え置き型据え置き型ハンディ型ハンディ型
発光ランプの取り換え方式カートリッジ本体ごと交換本体ごと交換カートリッジカートリッジカートリッジカートリッジ本体ごと交換本体ごと交換
最大照射回数300万発30万発フル充電500回分60万発60万発100万発10.5万発40万発25万発
最大照射面積9.25㎠4.16㎠直径1.0cm9.24㎠12c㎡7c㎡6㎠3㎠4㎠
フラッシュの最大照射出力非公開2.9
ジュール/㎠
22
ジュール/㎠
非公開非公開非公開6.7
ジュール/㎠
6
ジュール/㎠
非公開
強さ調整レベル10段階5段階5段階5段階10段階8段階7段階10段階5段階
美肌専用カートリッジ××無し××
冷却装置の有無×××
「クールヘッド」(別売)
××××
細部用アタッチメント××××××
ケアを助けるスマホアプリ×××
iOS専用

iOS専用
×××
連射機能×××××
自動照射×
次の照射まで最速の間隔1秒1秒0.2秒0.5秒3秒0.2秒0.5秒
肌色検出機能××××××
肌色に適したレベルで自動照射機能×××××××
本体重量2.26Kg
ハンドピース:120g
277g584g470g2.5kg1.5kg
ハンドピース:120g
2kg
ハンドピース:120g
325g495g
製造国日本非公開タイ日本日本韓国日本イギリス非公開

目次に戻る

家庭用脱毛器よくある疑問Q&A

Q.脱毛効果を出すため毎日使っても良いのですか?
A.いいえ、最低でも1週間空けてください。

同じ個所にフラッシュを照射すると、肌荒れ・やけどの危険があります。
また毛周期を考えると効率的ではありません。
ショット数は有限なので、無駄な照射はせず、最低1週間、基本的に初期は2週間程度開けるのが望ましいです。
商品ごとに提示されている回数を守りましょう。

Q.脱毛器を使う前に、シェービングも必要なんですか?
A.はい、必ずシェービングしてから光を当ててください。

そり残しがあると毛が焦げることがあります。
ヤケドなど思わぬ肌トラブルや、脱毛器の照射口を汚したり傷めたりする事もあるので、ご注意ください。

Q.男性も使うことができますか?
A.はい、使えます!
共同で使えば一人当たりの費用が抑えられますよ。

カップル、夫婦で使用される方も大勢います。
但し、男女で照射可能範囲が異なりますので、詳しくは商品の取り扱い説明書でご確認ください。

Q.ホクロに使っても大丈夫ですか?
A.いいえ、ホクロやシミなど色素が濃い部位への照射はできません。

フラッシュ(またはレーザー)は、黒い色(メラニン)に反応する特性があります。
ヤケドの危険があるので、色の濃い部分への照射は避けてください。
気になる箇所は絆創膏を貼っておくと安心です。

Q.業務用みたいにジェルを塗ってから照射した方がいいですか?
A.いいえ。
確かに多くの脱毛サロンではジェルを塗ってからフラッシュを当てますが、家庭用脱毛器では不要です。
脱毛サロンのジェルは冷却以外にも、ジェルと脱毛器との相乗効果を出すため専用に作られています。

でも家庭用脱毛器は、ジェルが機器にしみこむと破損させてしまいます。
またその脱毛器専用ではないジェルや化粧水にフラッシュを当ててしまうと、酸化してしまうなど、思わぬ肌トラブルに合いかねません。
取扱説明書に「ジェル使用可」の記載が無ければ、トラブル防止のためにも使わないでください。

そもそも家庭用ではジェルが必要なほどの照射パワーはありません。
保冷剤での冷却だけにしてください。

Q.「連射」と「連続」って同じですか?
A.いいえ。
「連射」は1発を複数回に分割して照射する機能です。
「連続」は強めの1発(単発モードなど)を、自動で連続照射してくれる便利機能のことです。

使い分けとしては、敏感肌なのでやさしく照射したい場合は「連射」を使います。
毎回照射ボタンを押すのが面倒な時には(何度も照射していると疲れます)、「連続」モードにすると少し楽に照射できます。

商品毎に言葉の統一がされておらず混同しがちですが、上記の性能比較表では、「連射機能」と「自動照射」の記載で意味を分けて、〇×で有無を記載しております。

家庭用脱毛器のまとめ

良い点

  • 脱毛完了まで時間がかかっても安く抑えたい人に最適
  • 部分的なケアや、クリニックのアフターケアに最適
  • クリニックでVIO無しプランの全身脱毛をして、VIOは家庭用脱毛器を使えば、出費を抑えられる
  • クリニックに予約や通う手間が無く、気が向いたときに使える
  • 家族や友人とシェアすれば出費を抑えられる

注意点

  • 当て残しが出やすく、まだらに毛がはえてくることも
  • 全身脱毛は時間がかかりすぎて、急ぐ人には不向き
  • 背中は誰かにやってもらわないとできない(無茶な態勢で照射すると思わぬトラブルに)
  • 合わない照射レベルで無理すると肌トラブルも

目次に戻る

バナー「ケノン」